So-net無料ブログ作成
検索選択

展望台から落下、7人重軽傷=一部腐食か、支柱折れる―山梨(時事通信)

 17日午後4時45分ごろ、山梨富士吉田市上吉田のホテル「鐘山苑」の庭園に設置された展望用の木製デッキの支柱が折れ、男女7人が約4メートル下に転落した。男女2人が顔面骨折などの重傷、5人は軽傷を負ったが、いずれも命に別条はないという。県警富士吉田署が詳しい原因を調べている。
 同署によると、重傷を負ったのは福岡市西区下山門、無職白浜利重さん(78)と東京都東久留米市神宝町、無職小林みね子さん(85)。白浜さんは家族ら5人で、小林さんは地元の仲間数人で宿泊していた。軽傷を負ったのは白浜さんの妻(73)や長男(44)、小林さんの友人の男性(72)ら。
 白浜さんらは庭の見学中、デッキに上がったが、支柱が折れたため床板ごと地面に落下した。デッキは一部が腐食していたとみられる。
 鐘山苑によると、デッキは広さ1万5000坪の庭園の一角にある。落下した床は縦横2メートルの正方形。四隅と真ん中で計5本の柱が支えていた。10年ぐらい前に造られたが、最大積載人数は分からないという。 

【関連ニュース
展望台から落下、7人重軽傷=一部腐食か、支柱折れる
菅家さん、足利市民とハイキング=「自由になった感じ」
〔地球の風景〕地上320メートルでガッツポーズ
〔地球の風景〕1億6000万人目の入場者
〔地球の風景〕ガラス張り展望台

秋葉原無差別殺傷 きょう第8回公判、4人の証人尋問(産経新聞)
不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁(産経新聞)
社会福祉法人が不法投棄の疑い…処理委託空き瓶(読売新聞)
<人事>警察庁(24、25日)(毎日新聞)
イラン追加制裁 中露も合意(産経新聞)

「5月決着断念」閣僚から容認発言相次ぐ(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、鳩山首相が掲げてきた「5月末決着」を事実上断念するのはやむを得ないとの発言が、11日午前の閣議後の記者会見で閣僚から相次いだ。

 北沢防衛相は10日の関係閣僚会議について、「代替施設の決定をスタートにして、沖縄全体の負担軽減をどういう形で実現するかという枠組みをほぼ合意した」と述べ、移設案と負担軽減策を組み合わせた政府の最終案を固めたことを明らかにした。そのうえで5月末決着に関し、「その後に交渉事が残るのは仕方のないことだ」と述べた。

 今後の段取りについては、「少なくとも連立政権だから連立与党内の合意は早急にやらなければいけない」と述べ、国民新、社民両党との調整を急ぐ考えを示した。

 前原沖縄相は「5月31日で100%の方々の賛成を得るのはなかなか難しい。5月に我々が何らかの決断をして、それを進めていくということになる」と指摘。仲井真弘多(ひろかず)沖縄県知事と10日に都内で会談したことも明らかにした。

 一方、社民党党首の福島消費者相は「期限に必ずしもこだわる必要はない。ひどい結論を5月末に出すくらいなら、真の解決をきちっと目指してやるべきだ」と改めて強調。国民新党代表の亀井金融相は「首相が懸命に努力する姿を福島党首も見ているから、5月末までにぴたっとすべてOKという状況が出ないからといって、連立解消しますということにはならない」と語った。

福島氏が閣僚懇で県外移設を要望 普天間問題(産経新聞)
八重桜、色鮮やかに=秋田県井川町〔地域〕(時事通信)
「裁判員裁判から除外を」、組幹部の請求を棄却(読売新聞)
女性遺体 「物置に置いた」元夫が供述 静岡・御殿場(毎日新聞)
パロマ中毒死 11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。