So-net無料ブログ作成

<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)

 亀井静香金融・郵政担当相は16日の閣議後会見で、当初、20日を目指していた「郵政改革法」の閣議決定について、「4月中決定はずれ込むかもしれない」と月末以降にずれるとの見通しを示した。内閣法制局の法案審査作業に時間がかかっているためという。また、法案の骨格を20日に発表する方針を示した。

 亀井担当相は15日、内閣法制局の審査担当職員を激励。異例の行動は、法案審査のスピードアップを促す狙いとみられている。与党から「4月中に提出できなければ(通常国会での)法案を通すのは難しい」(与党幹部)と早期提出を迫られているだけに、閣議決定前に骨格発表は、通常国会への法案提出を既成事実化させたいとの狙いもあるようだ。【中井正裕】

【関連ニュース】
亀井担当相:内閣法制局を訪問 郵政改革法案作りで激励
亀井担当相:郵政への国出資「3分の1超」時期示さず
小泉進次郎議員:郵政で亀井担当相と対決 「大臣は逆走」
与謝野氏離党:谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」
亀井郵政相:仙谷戦略相を批判「郵政問題は1、2周遅れ」

知的障害児施設で虐待=不適切な拘束など440件−「自傷行為止めるため」−大阪市(時事通信)
手数料隠しで実刑判決(産経新聞)
徳之島で「1万人集会」=普天間移設に反対−鹿児島(時事通信)
消費税、14日に議論=逆進性対策などテーマに−税調専門家委(時事通信)
ケージ侵入の瞬間公開=トキ襲撃のテンか−環境省(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。